主体的で、対話的で、深い学び

この記事は1分で読めます

主体的で、対話的で、深い学び

来年2020年から変わる
小学校の新学習指導要領に合わせた
教科書の検定結果について。

文科省、小学教科書の検定結果公表 全教科で「深い学び」、ページ数14%増

主体的で、対話的で、深い学び。


子どもたちが自ら課題を見つけ
他の人とのコミュニケーションをはかりながら
知識をつなぎ合わせて学びを深めていく。

小学生が本来、もっと幼い時から持っている
知的好奇心や積極的に人と関わっていくことを
成長過程で諦めてしまうことなく
学校現場でさらに伸ばすことができるのであれば
アクティブラーニングは本当に素晴らしい
教育的なインパクトになると思う。

学校の先生たちは
対話が中心の授業スタイルへの変化に加え

英語の読み書きを
5年生からしっかり学ぶようにと
英語が教科になること

プログラミングが
5年生の算数、6年生の理科で
取り扱われるようになることなど

大きな変革の中でますます負担が増えていく中
民間の教育事業者として
また地域の大人の一員として何ができるかを
本気で考えていこうと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー